ひとえにタキシードと言っても

種類豊富なタキシードの中から最適なものを選び出す

フォーマルな場で

日本人がタキシードでそでを通す機会もずいぶん増えてきましたが、最たるものに結婚式での新郎の衣装があります。

日本の正装は紋付き袴ですが、もはや先進国の日本でタキシードはちゃんとした正装と誰もが認めるところ。フォーマルな場であればタキシードにそでを通すのは違和感をみせないどころか、場をわきまえた紳士としてとらえられることも多いでしょう。

しかしタキシードは一つのデザインをさしたものではなく、多彩なデザインの総称と言えます。

そもそも燕尾服のカジュアル版として始まったタキシードは夜のフォーマルな場での使用が定義されています。でも実際は昼の披露宴でもタキシードを着用する結婚式場や披露宴もありますから、日本においてタキシードが夜だけという定義をご存知な方も少ないのです。

タキシードの種類として、昼に着用するならフロックコートが正式な姿で、これが後々新婦のお父さん着として定着している、モーニングコートの原型です。

たきしーど563c6c5a54b2bac0fdd53595388378f74_m

色彩も多彩

現代のタキシードは黒にとどまらない白やグレーなどもあり、TPOに合わせたチョイスができるようになっています。

ウイングカラーシャツに蝶ネクタイかクロスネクタイ、さらにカフスやカマーバンドもタキシードには欠かせません。

そしてロングタキシードはショートフロックコートとも呼ばれる日本が発祥の準礼服で、時間帯を選ばない使い勝手に人気があり、一般的なスーツより若干丈が長くファッション性高いデザインになっているところがポイント。

色彩も多彩でカジュアルウェディングやチャペル教会式などで重宝されています。レストランウェディングなどでもロングタキシードはかしこまりすぎず、最適と言えるでしょう。

広義な意味で燕尾服もタキシードに含まれますが、まさに礼服中の礼服と言わんばかりのフォーマル感は、シチュエーションを間違えると逆に違和感をみせますから、夜間の晩さん会や荘厳な教会式などで着用すると相乗効果で印象をまとめられます。

タキシードはふだんそでを通さない分違いが分かりにくいですが、自分のセンスと会場に合わせた選び出しが肝心です。